五十嵐大介『リトル・フォレスト』

リトル・フォレスト(1) (ワイドKC アフタヌーン)

リトル・フォレスト(1) (ワイドKC アフタヌーン)

 

 妹がAmazon Primeにあるよと勧めてきた映画『リトル・フォレスト』に感動し、原作を読む。

まんがには、おもにストーリーを楽しむものと、おもに絵を楽しむものとがあると思うのだけど(もちろんどちらかだけなんてことはない)、これは絵のまんがか。

Kindleで買ったのだが、手にとれる本のほうがよかったかもしれない。

絵がとても好き。

動物や自然を生き生きと描く漫画はいいなあ。

さくらももの『もものかんづめ』

もものかんづめ (集英社文庫)

もものかんづめ (集英社文庫)

 

 知ってたけど、読んだことなかったよ。

読むきっかけが、作者が死んだからだなんてひどい話だね。

でも、笑っちゃった。

あっけらかんと明るいダークが好き。

人口増加 5, 6, 7

しかし、多くの国々で移民政策は非常に厳しく、移民の多くは、法を犯さざるをえない状況に追いやれている。そうすると、しばしば非人道的な労働環境や偽造証明書の不正取引、搾取、そして奴隷制といった非合法的な行為が行われる。

移民が流入し、外国語嫌悪や人種差別的な反応が現れる国もある。たとえば、ハンガリーでは、ロマの寿命は、その他の国民と比べて10%から15%短くなっている。

このような人口の移動がすべての大陸で進んでいくのは明らかである。政府はこの変化に対応しなければならないが、人間の尊厳が保証されるのか不安が残る。

| 出展 東京大学教養学部フランス語部会 (2006) 『Promenades -- En France et ailleurs: 東京大学フランス語教材』より TEXTE 1 La croissance démographique (p.2~5)

 

これで終わり。一度の三段落進めた。

人口増加 4

移民の流入というのは、相互的な利益に基づいている。一般的に、移民労働者たちは、ヨーロッパの住人たちが就きたがらない職業に就く。そして移民たちは貯金を自分たちの母国に送るのである。このような混在状態を維持するためには、移民という現象を認め、すべての文化が敬意を払われ、統合されないければならない。

| 出展 東京大学教養学部フランス語部会 (2006) 『Promenades -- En France et ailleurs: 東京大学フランス語教材』より TEXTE 1 La croissance démographique (p.2~5)

人口増加 3

反対に、先進国の出生率(女性一人につきこども1.6人)は、人口が若返っていく最低ラインを下回っている。結果、先進国の人口は高齢化しており、「労働力人口」は年金生活者の家計を支えなければならないという試練に直面している。いくつかの国では、移民の流入がなければ、人口は減少していってしまうだろう。

| 出展  東京大学教養学部フランス語部会 (2006) 『Promenades -- En France et ailleurs: 東京大学フランス語教材』より TEXTE 1 La croissance démographique (p.2~5)

| Notes 

「最低ライン」は原文では「 seuil」(限度、閾値)。『ロベール仏和大辞典』に載っていた訳語でもいいと思ったが、もうすこし噛み砕いて、今っぽくしてみた。

語学ノート

| フランス語

まいにちフランス語(応用編)

(Journal en français facileは、なぜか9月6日分が配信されなかったのできょうはお休み)

| 英語

BBC 6 Minutes English  Do you have a sedentary lifestyle?

英会話タイムトライアル